介護技能実習生

介護技能実習生受入れ支援事業

介護業界に新たなひかり

noimage

介護業界で今注目を集めているのが、介護に携わる事の出来る技能実習生の受け入れです。

実際に受け入れを始めている介護施設はまだ少数派ですが、受け入れに向けて動く施設は着実に増えています。現時点で外国人介護士の受け入れを検討中であれば、「外国人技能実習制度」、「EPA(経済連携協定)」、「留学生受け入れ」のいずれかを選択することになります。

外国人技能実習制度への介護職種の追加

noimage

「外国人技能実習制度」の歴史は古く、1993年に出された「技能実習制度に係る出入国管理上の取扱いに関する指針」をもとに創設されています。当初、介護領域は含まれず、農業や漁業などの一次産業や工場従事などに限定されていました。

そして2017年11月1日施行の「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」において介護職種が追加されたことで、介護業界でも本制度が利用できるようになりました。

しかし、介護分野はこれまでの認可業種とは異なり、職種的に人とのコミュニケーションが求められるため、来日する技能実習生に対しては、「日本語検定4級」の資格取得が必須となります。