外国人技能実習生受入れ支援

外国人技能実習生受入れ支援

外国人技能実習生

留学生同様、多くの外国人材が活用しているビザのひとつとして、技能実習ビザがあります。1号2号3号に分かれており、合計で5年間の技能実習を行うことが可能です。しかし、このビザの目的は、技術の移転を基本としており、その目的に合致する職種、作業内容に限ってのものとなります。また、1号から2号、2号から3号へと段階を経るにあたって、技能検定に合格し、技術の習得がきちんとなされている必要もあります。

新制度による受入れ期間の延長

新制度により、受入れ期間が3年から5年に延長されました。

とはいえ、実習実施機関(企業)と監理団体(組合)が優良の認定を取得し、かつ実習生本人の希望と技術の習熟がすべて適って初めて可能となります。法律に則って制度を運用することはもちろん、実習生の雇用環境を意識した取り組みが必須となります。そこで重要になってくるのが監理団体の質です。知識、経験はもちろん、法令順守の精神が伴わない組合を選ぶことは、5年への延長はもとより、失踪などのトラブルや受入れ停止処分など、制度の根幹を揺るがす事態を招きかねません。

良い監理団体を見抜くためには・・・

良い監理団体の一つの基準として、一般管理事業の認定があります。これは、認可法人外国人技能実習機構による評価が点数化され、一定の基準を満たした監理団体(組合)に対して行われます。この認定を取得していることが大前提となります。このほかに、母国語通訳職員の直接雇用を行っている事や、巡回指導や監査の体制が整っている事も重要なポイントとなります。

 

しかし、監理団体の数はとても多く、ひとつひとつ調べていくには時間も手間もかかります。そこで、弊社では希望の国や条件に応じて最適の監理団体(組合)をご紹介しています。

アジア各国から多くの外国人技能実習生の受入れを支援

noimage

中 国

noimage

ベトナム

noimage

フィリピン

noimage

インドネシア

noimage

タ イ

noimage

カンボジア

noimage

モンゴル

noimage

ミャンマー

受け入れ人数

一年間で受け入れられる技能実習生の人数は、受入れ企業様の常勤職員の人数により異なります。常勤職員とは事業所で定められている常勤の所定労働時間(1週間で最大40時間)を勤務している職員で、雇用保険の被保険者を言います。

以下は、新制度における常勤職員30名の場合のモデルケースです。

 

tel:0334580884お問い合わせ