コラム

上半期総括とメックグループの未来

上半期総括とメックグループの未来

先日、メックグループ全体の、2022度上半期の総括が終了致しました。

当社は12月~5月までを上半期としております。
代表より全社員に対して上期の総括と下期のグループの取組方針についての説明があり、さらなるグループの隆盛にむけて改めて心をひとつにしました。

例年、全体会議後には全社員が参加する懇親会が開かれていました。
コロナ禍ということもありこの2年間は実施できませんでしたが、今年は久しぶりに品川駅近くの飲食店にて開催することができました。
去年、そして今年入社した新入社員にとっては初めてということもあり、大盛りあがりの懇親会となりました。

2022年上期懇親会

メックは今年で34期を迎えました。
2020年2月よりコロナウィルスが蔓延しはじめ、弊グループも多くの皆様と同様に翻弄され、大変な時期を過ごしておりました。その中でもメックグループは情熱を絶やさず、出来ることに目を向け、代表が舵を取り、社員一同、どんな仕事にも挑戦しました。社内では、業務の見直し・シフト勤務・テレワーク・在宅ワーク導入・コロナ対策など状況に応じた対策をし、より強いメックグループへと変化致しました。

弊グループの大きな事業として、外国人技能実習生事業とETC事業があります。
特に、上記の外国人技能実習生事業はニュースにもなっていた通り、外国人の入国停止が長く続いた為、約2年程とても苦しい状況でした。
しかしながら、逆境に負けないメックですので、国際事業部の社員数名がETC事業を一から学び、2年間実績を積みました。
結果、上期目標値を達成し、代表からも「困難な時期を支えあえる社員が誇りである」とのお褒めの言葉をいただきました。

22年4月より入国再開が認められ、弊グループでも待機実習生が徐々に入国してきており、7月までに約500人の実習生が日本で実習を行います。
国別では、ベトナム・ミャンマー・フィリピン・タイ・インドネシアから来日します。
入国再開を見込み、新たな各国送り出し機関と数社提携し、充実したサービスをご用意いたしました。
そして、現地での面接希望のお声も続々といただいております。

社内では現在、入国・配属対応で大忙し。
入国後の研修センター2校は現在フル稼働で動いておりますが、サポートする社員が働きやすい環境を作ることも弊社の大切にしているところ。
ライフワークバランスを意識した、出張規定・旅費規程の改定・人員の増員を行っております。
また、社内システムのDX化も7月より運用が始まり、グループで一元管理できるシステムになりますので、さらなる効率化が図れるようになります。

また、皆様に分かりやすいHP・FacebookやLINEなどのSNSを目指し、皆様のお役に立てれるようWEB製作チームも奮闘しております。

withコロナ時代へと突入したメックグループは一人ひとりが一丸となって喜ばれるサービスを提供し、より一層情熱を絶やさず、邁進していきます!