コラム

総合職と一般職の違い

今回は総合職と一般職の違いについて書いてみたいと思います。

 

総合職と一般職に関しては企業が独自に定めているコース別採用制度で、その定義と内容はそれぞれ違いはあると思いますが、一般的な総合職と一般職の違いはというと、まず総合職とは企業活動の根幹となる業務にかかわり、将来的には管理職になることを期待されている幹部候補でもあり、その仕事内容は多岐にわたります。

 

ゆくゆくは会社を支えていく人材に育つようにと、さまざまな職種を経験していくことが多いようです。

 

そのため、異動や転勤なども発生しやすく、配属先の決め方は会社によって異なりますが、数年ごとのローテーション制で複数の職種を経験させるところもあれば、その人の適性に合った職種にまずは配属して必要に応じて後から職種転換させるところもあります。

就いた職種に適性があると高く評価された場合は、その職種をずっと担うこともあります。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

総合職は、将来目指しているキャリアによって、事務系総合職と技術系総合職の2種類に分けられます。

 

技術職や専門職は1つの分野に限られるのに対し、事務系総合職では総務・人事・経理・財務・法務などの管理部門に加え、営業企画や最近ではIT系のセクションなど幅広い業務を担当します。

技術系総合職は、研究・生産・開発・設計といった仕事を担うことになります。

総合職では幅広い業務に携われることが最大のメリットであり、さまざまな分野でスキルを身につけていきキャリアアップを図ることができます。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

では、一般職はと言うと、総合職の仕事をサポートする業務がメインであり、基本的には事務仕事を担当することが一般的だと思います。

総合職に比べると、仕事の範囲はそこまで多岐にはわたらず、仕事量も多すぎないのが特徴です。

内勤業務が中心で残業は比較的少なく、転勤や部署異動もほとんどありません。

仕事とプライベートを両立させたいというワークライフバランスを重視する人にとって一般職は人気があります。

ただし、総合職よりも給料が少ない点は避けられない部分でもあります。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

一般職の仕事内容は、配属される部署によって異なります。

例えば、営業部では、資料や見積書の作成、受発注業務、顧客応対などを行い、営業の仕事が滞りなく運ぶようにサポートすることが主な役割です。

総務部であれば、備品管理や株主総会の準備、保守管理など、会社全体の庶務業務をとり行います。

よく言われるような縁の下の力持ちとして、周囲の社員をサポートすることに生きがいを感じる人や、正確性を求められる細かい事務処理などが得意な人に向いていると考えられています。

また、部署異動があまりないので同じ業務を長く続けることができ、その分野に特化した専門スキルを極めることも可能になるでしょう。

 

総合職と一般職の違いを端的に言えば、総合職とはさまざまな職種に携わってキャリアアップを図り、将来的には管理職になる仕事です。

一般職は、総合職の仕事をサポートする業務を行います。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

弊社も2020年から新卒の採用をスタートすることになりました!

そこでこの総合職と一般職というコース別採用を行っていきます。

会社自体の歴史はありますが、これからまた別次元への飛躍に向けて皆がこれから入社される方々と夢を追いかけていける会社になれるよう日々アイデアを出し切磋琢磨しております。