コラム

求人募集について

先日、「ハローワーク採用の絶対的法則」というタイトルのセミナーに参加してきました。

内容的には、お金を掛けずに欲しい人材をどうやって獲得するか、といったものでした。

その中で、ハロワークに限らず求人募集に関して基本的に抑えておかなければならないのは、欲しい人材を明確にし、会社として採用したい人物像を明確にすることである、という話がありました。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

もう少し具体的に言うと、年齢・性別・居住地・独身or既婚・キャリアといったことを具体的にイメージし、採用したい人物像を思い描いていくことだ、ということです。

もちろん雇用機会均等法がある中で、媒体に掲載する際には上に書いたようなストレートな募集表現は出来ませんが、その中でも求人募集の文面で、如何に採用したい人物に訴求する文章表現が出来るのかを考えることが大切だと感じました。

 

ただ、これは会社側からの見方であって、求職者がその会社に応募する決め手になるものとはいったい何なのでしょうか?

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

職種・賃金・勤務地・商材・事業内容・福利厚生・キャリアアップ等々、優先順位は求職者によって違うと思いますが、彼ら彼女らが会社に何を求めているかを想像し、採用面接時までにそのイメージを作り上げ、求職者にどのように伝えるか、それが人材を確保していく上で大切なことだと考えています。

 

実際に入社して働いてみたら採用面接の時にイメージしていた会社とは違っていたと感じてしまうと、社員が定着しない会社になってしまいます。

面接時に抱いたイメージと実際に入社してからのギャップをいかに埋め、それぞれのモチベーションを上げキャリアアップさせるか、それにしっかり取り組む会社が良い会社なのだと考えています。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

自分自身も中途入社の転職組であり、今まで様々な仕事を経験してきた中でやはり重要だと思うことは、あたりまえかもしれませんが会社の業績が安定している事です。

どんな仕事でもどんなにやりがいを感じる仕事でも、会社の経営が安定していなければ最終的に仕事を通じて達成感や充実感は生まれないかもしれません。

その点で株式会社メックは収益構造が非常に安定しているので、まず経営状態に不安を抱きながら仕事をするといった必要はありません。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

どんな会社でも不満がまったく無い会社はゼロだと思います。

大なり小なり、働いている人は何かしらの不満を抱えていると思います。

ただ、出来るだけ働いている人々の不満が少なく、前向きに物事を思考していける会社づくりの一部を担えればと思い日々仕事をしています。