コラム

脱却!!仕事を抱えてしまうマネージャー

2021/08/23
脱却!!仕事を抱えてしまうマネージャー

マネージャー職についている方で、「自分の仕事を部下・後輩に任せられない、」という経験をおもちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

マネージャー自身はあるチームをまかされているのにも関わらず、どんどん自分で仕事を背負っていってしまい、しまいには終電ギリギリの時間まで仕事をしてしまう・・・さて、どうしてその様に部下に仕事を任せる事ができないという現象がおきてしまうのでしょうか。

 

話をうかがうと、以下のようなケースが多いようです。

部下や後輩に対して「この仕事をお願いするのは難易度が高いので大変じゃないか」「これ以上仕事を任せると処理できなくなるのではないか」と、“部下のことをおもんばかって”自分で処理をしようとしてしまう、『部下想い風マネージャー』。

 

しかしこのマネージャーは本当に部下想いなのでしょうか?

 

部下・後輩が「その仕事はできない」と自身で勝手に決めつけてはいませんか?

そう思ってずっと部下・後輩に仕事をお願いしないまま自身で仕事を処理してしまうと、永遠にその部下・後輩の仕事の能力があがっていきません。これが果たして部下想いのマネージャーとよべるでしょうか。そのうえ、そのマネージャーの手元からはいつまでたっても「自分がすべきでない仕事」がなくなりません。

 

では「部下にはこの仕事はできない」という判断はどこからきているのでしょう。

 

マネージャーは、部下・後輩を信用・信頼することが重要です。信用とは「それまでの行為・業績から“できる”という判断をすること」、信頼とは「信じて頼りにすること、頼りになると信じること」です。つまり、信用することができなければ信頼することもできません。

そういった信用・信頼できるような関係づくりをする上で大切なことは、「①自身の担当している業務量を把握し」、「②部下・後輩の思考を知り」、「③部下・後輩のできること、能力を見極めること」という①~③を踏まえたうえで、「誰にどの仕事を任せるか」という決断をすることです。この決断こそが、マネージャー職の最大の役割です。

ですが、部下の能力を自分なりに判断をして仕事を任せたのに「その部下ができなかった」ケースがあり、そうすると自分の所に仕事が返ってきてしまうので、それなら最初から仕事を任せず自分で仕事をやった方が早いのではないか・・・「部下にはこの仕事ができない」という判断はこのような形でもたらされているようです。

 

では本当にそれでよいかというと、良いはずがありません。

仕事を任せない限り、その部下・後輩は永遠に仕事ができるようになりません。

 

マネージャーの大きな役割は、部下・後輩の思考・能力を見極めながら、その人が成長できるように現在の能力より少し高い目標を与えクリアさせていくことで、その個人の能力UPをはかるということです。

その繰返しを各マネージャーがチーム・組織・グループ・課でおこなっていくことで、会社全体のキャパシティーがあがっていき、必然的に会社全体の処理できる業務ボリュームが増えていきます。

個々の能力が開発されない組織だと、一人一人のできる範囲が増えていかず、人員の補充などの手段を取らざるをえなくなり、結果的にコストが膨らんでしまいます。

 

部下・後輩を信じて仕事を任せ、能力を開発していくことが会社の発展に繋がっていくのです。

 

では、部下・後輩を信じられるようになるにはどうすればよいか。

それは、「日ごろからの部下・後輩を見ること」です。

 

例えば、ある部下の「実はある事を毎日続けています」「5年前からある1つの事を継続しています」なんていうほんの些細な情報だけでも、この部下は1つの事を愚直に続ける力があるということを知ることができます。それを踏まえれば、新しく立ち上がったある長期的なプロジェクトの中心にその部下を中据えてみる、などの判断も可能になります。

 

ここで大切なことは「客観的事実」か「主観的意見」か、です。

 

「私はある事を頑張っています」というのは、あくまで本人の主観であって、事実ではありません。しかし「私は1つのある事を5年も継続しています」ということは客観的事実です。

私はある事を頑張っています、と聞いた時に、具体的に何をどう頑張っているのかというところまでブレイクダウンする必要があります。物事を解きほぐし客観的事実にまで落とし込むことで、本人の適性を見極めることができるようになるのです。

 

部下・後輩の細かな部分まで見ていることで、仕事を任せる・任せない・どこまで任せよう、などそういった細かな判断ができるようになります。

仕事を任せられないという人は、自分の部下・後輩をよく観察し、日頃からコミュニケーションをとることを意識してみてはいかがでしょうか。