コラム

人材採用のポイント

2019/10/07
人材採用のポイント

皆様は、人材採用にお困りではございませんか?

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

何年か前までは、われわれメックグループでも非常に頭の痛い問題でした。

せっかく時間をかけて採用をしたのに、入社前とギャップを感じたとかですぐに辞めてしまったり、1年ほどで退社してしまったりと、「人材」に関する問題に非常に頭を悩ませておりました。

 

しかしわたしたちはあることを意識し、実践して、改善に成功しました。

以前のわたしたちと同じような悩みを抱えていらっしゃる経営者の方や人事の方に、ほんの少しでもお役に立てればと思い、わたしたちが実践した内容を紹介いたします。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

まず最初に行うことは、自分の会社はどのような企業理念をもっているのかを明確にすることです。

企業理念を明確化することで、組織としての価値観と目的を社員全員で共有することができ、結束力が高まります。

 

企業理念とは、経営戦略よりもさらに上位に存在する考えです。

「利益の追求」などという利己的な主張ではなく、「わが社は何のために存在するのか」「社会にどう貢献するのか」といった、社会的責任についての指針である必要があります。

 

そして2番目に行うことは、社長自らが採用面接に出て、企業理念をしっかりと応募者へ伝えることです。

会社としての思いや考えを会社の代表が熱意を込めて応募者に伝えることで、応募者も自分がその会社にあっているのかどうかしっかり判断できるようになります。

そのうえで入社したのであれば、入社前とギャップを感じての早期退社、ということもなくなってきます。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

応募者の選考の際、「この人は会社に貢献できるのか」「会社が必要とするスキルをもっているのか」ということが重要視されるのは当然のことです。

しかし、自分を客になぞらえ「この人が自分の担当になったらどうか?」という視点に立って判断することも、意外と大切だったりします。

 

好き嫌い、相性の良し悪しで人を選ぶのは浅薄なイメージがありますが、他人から好かれるかどうかは社会において非常に重要なファクターです。

好かれる人が営業マンであれば紹介営業につながっていく可能性がありますし、事務員であれば社内の雰囲気を良くします。

「ひとに好かれること」は、それだけで立派なスキルであるともいえます。

 

ただし面接の際は表面的なイメージにだまされず、応募者の人となりをじっくりと見極める目が必要です。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

以上が人材採用に関して、われわれメックグループが心掛けていることです。

 

どれだけAI化が進もうと、会社は人が作ります。

今後もよりよい人材を確保し、共に成長していけるよう、企業理念をしっかり実践してまいります。